余裕資金

ダイワハウスで家を建てようが、他のメーカーで住宅を新築しようとも、一番の問題は費用だと思います。
銀行系の住宅ローンを利用する人が非常に多いと思いますが、この住宅ローンは総建築費用の80%程度の貸し出しが上限のようです。

仮に2000万円で住宅を建てる場合には、1600万円が限度金額となります。
そこで自己資金あるいは他からの借入も含めて400万円を自分で都合する必要があります。

普通はここまでしか話をしませんが、実際に住宅を建てる場合には余計な費用が思った以上に必要になってきます。
出来れば建築費用の20%程度の余裕資金を準備しておいてください。

つまり2000万円の家を建てる場合には余裕資金として400万円の余裕資金を作るのです。
一生に1回の大きな買い物です。失敗しないためにもぜひ余裕資金を蓄えることをお薦めします。


⇒もっと詳しく見る
| 住宅

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。