ダイワハウス 森林住宅地

広島で暮らしていたFさんご夫婦。「ロイヤルシティ阿蘇一の宮リゾート」への移住を提案したのは、ご主人でも奥様でもなく、息子さんご夫婦だった。
「僕は大学時代から熊本に住んでいて、そのまま熊本で就職先を探しました。阿蘇の雄大な自然が好きで、家を建てるなら阿蘇がいいと常々思っていたんです。ちょうど子どもも生まれ、タイミングは今がいいかなと、両親に同居の話を持ちかけ、昨年の4月にみんなで引っ越してきました」と息子さん。

しかし、同居の話を聞いたとき、ご主人はすぐに喜べなかったという。
「妻は実家が熊本なので抵抗はなかったようですが、私は何十年も暮らした広島をそんなに簡単に離れる決心はできませんでした。娘夫婦も広島にいましたしね」。

半ば渋々といった状態で移住を決意したご主人だったが、引っ越しをしたその日に、心にあった迷いはいっきに払拭された。

「家の南側の窓からは阿蘇五岳が一望でき、北側には外輪山が見える。東の窓からは朝日が差し込み、家の中のどの窓を見ても美しい景色が広がっていて、何時間眺めていても飽きないんです。

普通、家を建てるとき、“南向き”くらいしか気にしないものですが、北も南も、東も西も雄大な景色に囲まれていて、こんな素晴らしい場所があったんだと感動しましたね」。

引っ越し早々、阿蘇の自然に魅了されたご主人。何をやっていても“愉しい”と感じられる暮らしが始まった。

「広島に住んでいる頃は、休みとなると家でゴロゴロしていたのですが、ここでは忙しくて仕方ない。朝は庭の芝生の手入れをし、1時間ほど散歩をし、山に入って木を拾い、家に帰れば孫と遊び、温泉に入る…、あっという間に日が暮れてしまいます。愉しくてじっとしているのがもったいないんです」。

奥様も同様。昨年の秋から家庭菜園にも挑戦し、忙しい日々を送っている。
「まったくの初心者なので、見よう見まねなんですけどね。いろんな人に教えてもらいながら、ブロッコリーや白菜、じゃがいも、きゅうり、グリンピースなどを育てています。一日ゆっくりと景色を見ながら、庭いじりをしていると、あっという間に夕方になります。

景色もね、季節によって表情がぜんぜん違うんですよ。冬の雪山もうっとりするほどきれいでした。空気が澄んでいる日は阿蘇五岳が目の前に迫って見えるんです。天気によって、自然も様変わりするんですね。山を眺めるだけで晴れ晴れした気分になりますよ」。

▲自分が作ったものが食卓に並ぶのは愉しいと奥様。これからもいろいろ作ってみたいと話す

また、生活の利便性もこの町の魅力だと奥様はいう。
「雄大な自然に囲まれているのに、スーパーも病院も駅も税務署もみんな近くにあるんです。自然の風景を愉しみながら、普段と変わらない生活ができるので、息子夫婦が仕事をするにも、孫を育てるにも申し分ない環境ですね」。

毎日愉しそうに暮らす両親を見て、息子さんご夫婦もとても満足している。
「何より、両親の体調が良くなったことが嬉しいです。母は膝が悪く、父は腰が悪くて、広島に住んでいる頃から病院に通っていたのですが、ちっとも良くならなかったんです。それが阿蘇に移住したとたんに、ふたりとも治ってしまったんですよ。環境がいいのか、温泉がいいのか、本人たちも不思議がっています。やはり環境というのは大切なんだと痛感しましたね」。

▲プロの仕事のような庭はご主人と息子さんで造った。早起きして芝生の手入れをするのもご主人の愉しみ
▲毎日、温泉に入れるというのもここでの生活の魅力。夏は1日2回、外輪山を眺めながら入るという
心身ともに健康になり、ますます活動的になったご主人。今後は家の北側にウッドデッキをつくりたいと意気込んでいる。
「外輪山を眺めたり、夏の水田や秋の稲穂を眺めたり。夜景も美しいので、ウッドデッキでのんびりビールでも飲みながら過ごせたらいいなと思ってね」。
そのほかにも、ご夫婦で温泉巡りをしたり、市内に行って芝居を見たりと、愉しみは尽きない様子だ。

「よく動くから、移住して4kgも痩せましたよ。お酒はどんどん飲みますよ。あれは薬だから(笑)。でも今ではすっかり血圧も安定しているし、ここにいるだけで長生きしそうです」。

おいしい空気とおいしい水、美しい風景に温泉と、豊かな自然に恵まれた阿蘇での暮らし。この地にたどり着き、新しい人生をスタートさせたFさんご夫妻は、特別なことをしなくても健康的で、ますます活動的だ。

| 住宅

女性のセカンドライフを考える

女性のセカンドライフを考える
「住み慣れた東京を離れるにあたっての一番の不安は、食品や日用品などの買い物に不便はないか、という点でした」と話すのは、東京都八王子市から、大分県杵築市にある「ロイヤルシティ別府湾杵築リゾート」に移住をされた、石川さん。

石川さんの自宅から日用品などが揃う市街地までは車で10分ほどかかるのだが、車の免許を持っていなかったのだ。「でも、無いなら無いなりにいろいろと工夫するんですよね。いままで欲しいと思ったらすぐに手に入る環境で甘えすぎだったのかも。近所の方や地元の方と物々交換することも多くて、食費などは東京時代の3分の1になりました」。

近所の方からいただく食材、ご主人が海へ行って釣ってくる魚などのほかに、毎週生協から必要なものが宅配で届くから不自由はないという。それでも足りない分は、定期的にご主人が車を出してお買い物に付き合ってくださるのだそう。

「地元の方たちとの会話にも、あっけないほどすんなりとけ込むことができました。いまでは、旬の食材を使ったレシピを交換したり、一緒に習いごとをしたりと、とても楽しくお付き合いさせてもらってます」と話す石川さんの頬は、少女のようにほんのり赤く染まり、とても若々しく見えた。

愛知県豊橋市から、北海道茅部郡鹿部町の「ロイヤルシティ鹿部リゾート」に移住された星川さんの不安は、「アウトドアな趣味もない自分が、森林住宅地での暮らしを愉しめるのだろうか…」ということだった。

もともとスローな暮らしを始めよう、という方には、農作業をしたい、ガーデニングを愉しみたい、山歩きをしたい、といったアウトドア志向の方が多いのは事実。でも定年まで看護師という忙しい仕事を続け、子育てと仕事に夢中だった星川さんには、そういった趣味を持つ暇はなかった。また、近所の方との交流をまめに持つ方ではなかったという星川さんにとって、“田舎暮らし”ということばからイメージされる濃厚な近所付き合いが続けられるのかどうかも、不安のひとつだったようだ。



ところが移住後は、「心配することはなかったですね。四季の移り変わりが肌で感じられる環境で、目にするものがなんでも新鮮。散歩するだけでも愉しめますし、新しいことを始めるのにもサークル活動が盛んなので、気軽に始められるんです。わたしもクリスタルアートを始めました」とすっかり暮らしを愉しんでいる様子。いまでは「鹿部で過ごす、春夏秋冬…、すべての季節が大好きです」と話すほどの鹿部ファンに。

「心配していた近所付き合いも、リゾート地では都会から移住してきている方が多いせいか、人と人との近すぎず、遠いわけでもない適度な距離感と、散歩途中で出会っておしゃべりが始まるなどの気さくさが、いいバランスで存在していて心地いい環境です」と話す星川さん。サークルで作られたというクリスタルアートの花が、木漏れ日を受けてキラキラと光っていた。

| 住宅

3階建て住宅

パナホームが新工法で3階建て住宅を販売とのことですが、新工法はべつにすれば今までにもあったのではないでしょうか。

少なくとも写真を見る限りはどこが新しい工法で、どこが変わったのはまったく分かりません。
記事を読みますとクレーンを使わずに3階建てが出来るとのことですが、今までの3階建ては全てクレーンを使っていたのでしょうね。

しかし通常家を建てる場合には4m道路と面している必要がありますので、警察の許可をとれば道路を利用して3階建てを建築していたと思いますよ。

新工法が悪いとは言いませんが、あとは費用の問題ですね。
新工法で建築しようが、旧工法で建築しようが、もし出来上がった家が同じであれば安い方が良いですよね。

ここで建築費用のことまでは言えませんが、新工法も検討してみる価値はありそうですね。

今回の新工法が普及して新工法の住宅も安くなったり、さらに素敵な工法が新しく開発されて安価で短期間で素敵な住宅が出来るようになると良いですね。

| 住宅

富豪の倒産

バブルの時代を象徴した不動産会社が今月1日、ひっそりと会社更生手続きの開始決定を受けた。米経済誌フォーブスに「世界6位の富豪」と紹介された渡辺喜太郎氏が、でっち奉公から身を起こし、土地と株を巧みに操って一代で築き上げた「麻布建物」だ。負債総額5000億円以上は今年最大の倒産。

≪富豪一転、負債7000億円≫

 「右手に土地、左手に株」と言われるほど株の売買にも熱心だった麻布建物の渡辺喜太郎氏。絶頂期は、米投資家のブーン・ピケンズ氏と組んで、トヨタ自動車系部品メーカーの小糸製作所の株を買い占めて話題になり、米経済誌フォーブスに「世界6位の富豪」とも紹介された。

 だが、バブル崩壊で経営は暗転。保有資産の価値が暴落し、「貸しはがしが起こった」(金融機関の元関係者)ことで資金繰りに窮した。グループの負債は一時、7000億円に上った。

 自身も平成9年、所有不動産の債権者による差し押さえを逃れようとしたとして、強制執行妨害容疑で逮捕。13年にも同容疑で逮捕されたが、このときは広域暴力団の会長が共謀者で捕まった。

 事情に詳しい関係者によると、「負債の大半は整理回収機構などに譲渡され、賃貸ビルなど国内資産はほとんどが処分された」という。

 残りの資産の大半は米国にあり、昨年米連邦破産法11条にもとづき倒産手続きを申請。これに伴い今年6月、東京地裁への会社更生手続きの申し立てが行われた。渡辺氏はもう役員としても株主としても、麻布建物には関与していない。

 それにしても、第一不動産や末野興産、秀和など同時期に隆盛を誇ったバブル企業と比べ、異例に長く命脈を保った。苦労人ゆえの驚異的な粘りで抵抗し続けたのか。麻布建物の倒産こそ、バブルの終焉(しゅうえん)にふさわしい。

 最近まで本社を構えた東京・東麻布のビルは、すでに解体工事が始まっていた。跡地にはホテルが建つ計画だという。

 金融機関元関係者は、「不動産経営者ならある『夢』を、渡辺氏からは感じなかった。『自分の不動産を増やしたい』との思いしかなかったのでは」という。ある不動産関係者はいった。「第2の麻布建物は出ても、渡辺さんのようにしぶとい人は出ないかもしれない」

| 住宅

土地の値上がり

じわじわと土地の値段が上がってきていますね。
持てる者と、持たない者の格差が広がってくるのでしょうか。

家を探す前に一度見ておいてください。



路線価上昇 首都圏のマンション、売り渋り加速も

 国税庁が1日公表した平成19年分の土地の路線価が、東京・表参道で40%超の上昇率を記録するなど顕著な上昇を示したことで、首都圏の地価の値上がりを待ってマンションをより高値で売ろうという販売業者の「売り渋り」がさらに加速する可能性がある。
 不動産経済研究所(東京)がまとめたマンション市場動向によると、19年1〜6月の首都圏のマンション発売戸数は2万8284戸で、前年同期比17・2%減と3年連続のダウンだった。
 一方、国土交通省の調べでは、首都圏の新築マンションの着工戸数は17、18年度ともに12万戸超。販売まで1、2年かかることを考えると、年間数万戸を業者が在庫として抱え込んだり、転売目的の不動産ファンドに売られたりしていることになる。
 この背景について、同研究所は「地価上昇に伴い販売価格が上がるのを期待してマンション発売を遅らせているが、消費者は価格の急な値上がりに追いついていない」と分析している。
 実際、今年上半期の東京23区のマンション平均価格は6020万円で、前年同期より1000万円近くも上昇したほどだ。
 今回の路線価を不動産関係者は「予想通り」の結果とみているが、都市部の地価上昇ピッチはかなり顕著だ。マンション販売業者の「売り渋り」も助長されているとみられ、同研究所は今年1年間の首都圏の発売戸数見通しを当初の8万2000戸から7万1000戸へと下方修正。「販売計画があっても実際には物件を出さない業者」が、これからも増えそうだ。

家を探す前に一度見ておいてください。


| 住宅

耐震

ダイワハウスの耐震性に注目してください。
家を建てるときに居住性やデザインに目を奪われますが、ダイワハウスの耐震性には注目すべき点があります。

中越沖地震 新潟県内被害1・5兆円予測、死者11人に

新潟県中越沖地震は23日で、発生から1週間が経過した。柏崎市と刈羽村でこの日から仮設住宅の建設が始まるなど復旧へ向けた活動が本格化する一方、中越沖地震による県内の被害見込みが約1・5兆円に上るとの試算が発表された。被災者26人が静脈中に血栓ができるエコノミークラス症候群になっていることも判明。午後には、地震発生直後に病院に搬送された男性が死亡し、地震による死者は11人となった。

 仮設住宅は柏崎市で1000戸、刈羽村で200戸の建設が予定されており、最短で8月12日の完成を目指している。
 新潟県はこの日、中越沖地震による県内の被害見込みを発表。約1・5兆円の試算には東京電力柏崎刈羽原発の停止に伴う売り上げ減少分約7000億円が含まれており、実質的な被害額は8000億円程度になるとみられる。

 県によると、被害額は、被災した約1万棟の家屋などが約2000億円▽鉄道や高速道路などのインフラ関係約700億円▽商工関係約3000億円▽農林水産関係約400億円▽ライフライン約100億円−など。

 一方、新潟大学の榛沢和彦医師らを中心とした対策チームは22日までの4日間、柏崎市の避難所の400人を対象にエコノミークラス症候群にかかっていないか、超音波検査を実施。その結果、26人に、脚の静脈に血栓があることが確認された。榛沢医師によると、避難所で動かずにいることが多い高齢者が多いが、二十代にも重症患者がいるという。

 柏崎市によると、23日午後に死亡したのは、同市の砂加工会社「シモダ産業」の回収課長、富松君夫さん(47)。地震発生直後、同社の工場で爆発があり、富松さんは重度のやけどを負って長岡赤十字病院(長岡市)に入院していた。
| 住宅

個室

ダイワハウスでは家族構成を考えて間取りも一緒になって考えてくれますので、しっかりと相談して決めましょう。

住宅あるいは家庭は安らぎの場でなければなりません。
安らぎのない家にしないように各自が必ず自分の部屋が持てるような計画を立てましょう。
どのように狭い部屋でも良いですよ。自分の部屋というものを持つことによって全く異なった生活が出来ます。

基本的には家族が団欒する場所が中心になって家の計画を会ってますよね。
とくにリビングについては一生懸命に検討するのに、各自の部屋については全く考えない場合もあります。
一度計画が出来上がりつつあるときに、各自の部屋から家全体へのアプローチを考えてみてください。

毎日円満な生活が送れるわけではありません。1人になりたいときや喧嘩をすることもあります。
ぜひ各自の部屋を必ず作ってくださいね。



⇒もっと詳しく見る
| 住宅

余裕資金

ダイワハウスで家を建てようが、他のメーカーで住宅を新築しようとも、一番の問題は費用だと思います。
銀行系の住宅ローンを利用する人が非常に多いと思いますが、この住宅ローンは総建築費用の80%程度の貸し出しが上限のようです。

仮に2000万円で住宅を建てる場合には、1600万円が限度金額となります。
そこで自己資金あるいは他からの借入も含めて400万円を自分で都合する必要があります。

普通はここまでしか話をしませんが、実際に住宅を建てる場合には余計な費用が思った以上に必要になってきます。
出来れば建築費用の20%程度の余裕資金を準備しておいてください。

つまり2000万円の家を建てる場合には余裕資金として400万円の余裕資金を作るのです。
一生に1回の大きな買い物です。失敗しないためにもぜひ余裕資金を蓄えることをお薦めします。


⇒もっと詳しく見る
| 住宅

高額な買い物

住宅を建てるって一生に1回程度でしょう。慎重に考えて素敵な住まいを作りましょう。
ダイワハウスに関することはこのブログで一生懸命に紹介していきます。

略歴
1955年 「大和ハウス工業株式会社」設立
1961年 大阪証券取引所第一部にに上場。その後東証第一部、名証第一部に上場。
1980年 ホームセンター事業参入
1995年 ロイネットホテル1号店を東大阪市に開設
2001年 大和団地株式会社を吸収合併。(大和団地は解散)
2004年 ホームセンター事業を分社化(ロイヤルホームセンター)、ダイワロイネットホテル1号店を富山市に開設
2005年4月1日 CIを刷新、ブランド名を"ダイワハウス"より"DaiwaHouse"に変更。また、現在の新CIロゴエンドレスハートも制定(同月5日に創業50周年を迎える、なお、「ダイワハウス」も使われることがある。)

大和ハウスグループ
大和リビング - 賃貸住宅管理・運営
ロイヤルホームセンター - ホームセンター事業。
大和リース[1] - 規格建築・リース事業 
ダイワラクダ工業 - 大証二部上場企業
大和物流 - JASDAQ上場企業
大和リゾート - リゾート事業(ダイワロイヤルホテルズをチェーン展開)
日本住宅流通株式会社
ダイワロイヤル - ビジネスホテル「ダイワロイネットホテル」を運営、宮脇書店のフランチャイジー。
※ロイネットホテルはロイヤルホールディングス・福岡地所との共同出資。
ロック開発 - イオングループのデベロッパー事業。ショッピングセンターチェーン「ロックタウン」を運営。
大和情報サービス - ショッピングセンターチェーン「アクロス」や「湘南モールフィル」などの運営。
株式会社メディアテック - 情報システム関連。インターネットショップ「住む〜ズ倶楽部」運営。ベトナム事業にも進出。
大阪マルビル - 梅田ダイヤビル内のホテル・テナント運営。2004年11月に子会社化。
日本体育施設運営 - スポーツクラブNASを運営。2005年から資本参加。
伸和エージェンシー- ベトナム事業に進出


⇒もっと詳しく見る
| 住宅

住宅の定義

当たり前のことですが、まずは住宅の定義をよく頭に入れておいてください。
住宅は一度建てるとほとんど固定されてしまいます。
しかし生活や環境および年齢はほとんど毎日変化しているといっても過言ではないでしょう。

住宅(じゅうたく)とは、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。周囲の環境から住人の快適な生活を守るものであり、生活範囲となる環境を含める場合もある。

ここで言う“周囲の環境”とは、気候(雨、風、雪、暑さ、寒さ、湿気など)、騒音、異臭、他人の視線や聞き耳(→プライバシーの保護)、天敵(猛獣、猛禽、害虫など)など、立地条件によって異なるものであり、住宅に求められる対応もそれによって異なる。

ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建」(戸建、個人住宅とも言う)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅と言う)とに大別される。

その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。


⇒もっと詳しく見る
| 住宅

住宅メーカー

大和ハウス工業(だいわハウスこうぎょう)は、大阪府大阪市北区に本社を置く大手住宅総合メーカー。業界2位。全国で支店は全国86ヶ所、工場は13ヶ所ある。

プレハブ住宅(工業化住宅)を日本で初めて世に送り出し、また日本で初めて、現在の形の住宅ローンを生み出した。

付加断熱(充填断熱と外張り断熱の併用断熱工法)などを標準採用した「xevo」ブランドを2006年に発表。フレームの強度の強化などした「xevo」ブランドを新たに2007年に発表した。

住宅(鉄骨・木質)を中心に、マンション・アパート・リゾートホテル・ビジネスホテル・ゴルフ場などを事業展開しており、一時期は「総合生活産業」を前面に押し出していた。2001年4月に子会社の大和団地を吸収合併した。

経費削減による広告費の削減のため、1998年4月から1999年6月まで提供クレジットを出さないでテレビ番組内でCMを流していた時期があった。ただし現在では方針転換したようで、「何で大和ハウスなんだ?」というフレーズでCMを展開している。

二酸化炭素排出削減のための省エネルギー技術、敷地緑化や風力発電事業、排水の浄化など、環境管理に取り組んでいる。その一環として1997年から環境マネジメントの国際規格であるISO14001の認証取得に取り組んでおり、現在は全ての工場(全国13ヶ所)と生産関係部門が認証を取得している。

2001年度よりエースコック(サッポロ一番グループ)に代わって、毎年正月明けに全国ネットでテレビ放送される讀賣テレビ放送主催のプロ野球オールスタースポーツフェスティバルの冠スポンサーを務めている。

企業理念は「事業を通じて人を育てる」(ちなみに、この理念は長年同社と仲のよい松下電器産業の創業者である松下幸之助の影響かと思われる)

企業メセナとして2006年4月、大阪シンフォニカー交響楽団の支援を行っている。



⇒もっと詳しく見る
| 住宅

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。